まだ髪の毛を濡らしてカットしてますか??

サロン側の都合により時間短縮と客数をこなすための旧態然とした業界のカットシステムにより、多くの女性たちが半ばサロンには期待感もなく諦めているか美容室ジプシーとなり、いつの日か「私を解ってくれるヘアデザイナー」との確率のひくい出逢いを求めている方も少なくないはずです。 本当に満足出来る、自分でスタイリングがし易く、復元性も高く、なおも90日間メンテナンス要らずのドライカットは恐らく今まで解決出来なかったそれらの悩みの多くをクリアさせる事と自信をもってお勧め致します。

STEP 1

シャンプーイング&ドライングから

髪をナチュラルな繊維、いわゆる服の素材にある「毛100%」と捉え、かと言って髪を物体視せずに髪は生きている!という観点から美髪素材を創りだす為の<水分補給>から適切な<油分補給>を行う。

髪の細胞レベルからコンディショニングし、「洗い」と「潤い」をヘッドスパ感覚で行います。

STEP 2

全ての髪をドライングでニュートラルな状態に

全ての髪をドライングでニュートラルな状態にし、落ち着かせた後、全身リラックスした姿勢で従来の髪のポジションを確認。

シルエットの左右対称、髪のうねりをお客様と一緒に確認してからスタイルの方向性の可否をイメージしていきます。

STEP 3

ナチュラルに乾かされた毛髪を10ブロックに

ナチュラルに乾かされた毛髪を10ブロックに、トップ、バック、サイド、ネープの順におおよそのブロックに小分けする。

ドライヤーを使い、コーム、ブラシで伸ばしさらにアイロンを使って髪の本来落ちる位置へと導く。

その方の髪のフラットポジションからの毛先を見つけ出すことによってご自身が持つ嫌な癖をその都度アジャストして髪を形状記憶させるかのように納めることが可能になります。

STEP 4

自然と収まる位置にカット

そして一つ一つのピースをつまみながら彫刻的に切り、くせや頭の形を見極めながら自然と収まる位置にカットしていきます。

従来のカットよりハイレベルな技術力、精神力が必要とされ、カット時間も通常よりも多くいただいています。

point 1

スタイルが長持ち

従来のカットで切るよりスタイルが長持ちします。

髪を乾かし自然におちる位置を計算してから未来のラインを予想して切るので、その髪が一ヶ月後ニケ月後どのように伸びていくのか?もイメージしてカットをする事が可能。

なので時間が経ってもスタイルが崩れず長持ちするのです。

point 2

トリートメントしたかように髪キレイに

一般的に髪を軽く見せようとすると、むやみに“削ぎ(そぎ)”が入っている事が多いです。

それが髪がバサバサに見えて広がりやすくまとまりの悪い髪の原因に。

「ドライカット」では、髪を細かく”切る“事で断面が傷つかず軽さの中にもツヤがあり、おさまりやすく髪がキレイに動くのです。

point 3

メンテナンス お手入れ簡単

髪が乾いて自然におさまる所で、一束一束を丁寧に切っていくドライカット手法により、ご自身の生えグセや頭の形、ボリュームの有無などを踏まえて彫刻のように立体裁断で切ることができます。

お客様がご家庭でお手入れをする時にスタイリングが苦手な方でもブロードライだけで簡単にスタイルが再現出来るのです。

point 4

その人らしさをトータルバランスで

カットに入る前のカウンセリング&コミュニケーションを最も大切にしています。

ヘアデザインをイメージする時 お客様の立ち姿からのボディバランスにある「髪」を考えていくことが第一優先。

髪をかきあげた時 振り向いた時の髪の表情、動きまでを考えてカットできるのは「ドライカット」だからなのです。